BizGateコラム/Biz

藤井八冠が突き抜ける AI解析「一致率」「平均損失」 将棋AIはどこまで進化するか① 谷合廣紀・プロ四段(上)

AI データ活用 将棋

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

2024年はビジネス現場で生成AI(人工知能)活用がますます加速しそうだ。日本でいち早く日常活動にAIを取り込んだのが将棋界。2017年にシンギュラリティー(AIが人間の能力を超える)を経験した将棋界は、ビジネス社会の半歩先を歩む「AI先進国」といえる。その先頭を走っているのが藤井聡太八冠だ。2024年に将棋AIはどこまで進化するか。プロ棋士として公式対局で戦う一方、自身で将棋AIの開発も行う谷合廣紀四段に読み解いてもらった。

将棋AIは序盤研究や振り返りに使われる

将棋界では藤井八冠をはじめ、ほとんどの棋士が将棋 AI を勉強道具として日常的に使っている。その用途は多岐にわたるが、主に序盤の研究であったり、自身の将棋の振り返りに使われたりすることが多いだろう。

序盤は再現性が高いため、事前準備に時間をかけただけ報われるチャンスが増える。無数に広がる序盤作戦を網羅的に調べ上げて理解することは、途方もない時間が必要になるが、もし事前準備していた局面が対局で現れたら優位を奪えるのだ。それが結果として年間勝率にたった数%しかつながらなかったとしても、少しでもいい将棋を指すために欠かせない棋士の勉強作業といえる。

そして、序盤研究と同じくらい重要なのは振り返りのプロセスだ。これにより棋士は自身の将棋を客観的に評価でき、正確なフィードバックを得ることができる。この作業は棋力向上に非常に有益であり、AI がなかった時代に比べると現代の勉強環境ははるかに恵まれていると思う。

将棋AIのトレンドは「定跡作成」

将棋AIは2017年に「Ponanza(ポナンザ)」が当時の佐藤天彦名人(現九段)に勝ったことで、事実上AIが人間を超えた世界である。人間の実力を超えてからも将棋AIは実力を伸ばし続けており、現在の最新の将棋AIはレーティングで考えると、Ponanzaに99%以上の勝率で勝つと推測される。とはいえ、ここ2、3年に将棋AI のアルゴリズムに大幅な発展はなく、強くなった要因は主に細かなパラメーターの調整、自己対局による高品質な教師データの生成、ハードウエアの向上によるものである。それらのレーティング上昇も最近は鈍化している傾向にある。

そのような背景もあり、過去1年間の将棋AIはAIそのものの実力の向上よりも、定跡作成にトレンドが向いている。というのも将棋AIは、ある程度の有利を得たらそこから逆転負けを喫することはめったにないため、序盤でいかにリードを奪うかが大事になってきているからだ。開発者は貴重な計算リソースを、その序盤を強化するために事前に計算可能な定跡という形で使っているのだ。

「先手有利」に拍車がかかる最近の傾向

その結果として、将棋AI 同士の戦いでは先手有利に拍車がかかっている。特に今まで互角と考えられていた、相掛かり(序盤で飛車先の歩を交換する)や角換わり(序盤で角を交換)といった戦法でも先手有利が定説となりつつある。2023年末の第4回電竜戦では、先手番の持ち時間が後手の半分に減らされるハンデで行われた。それでも依然として先手の勝率は高く、決勝リーグにおける勝率(正確には引き分けを先手 0.4 勝/後手 0.6 勝としたときの平均の勝ち点)は0.646 だった。

こうした定跡による先手有利が確立されつつある中で、最近は後手番でいかにして、角換わりなどの事前準備しやすい戦型を回避するかという戦術をとる将棋 AI も増えてきている。いわいる定跡形では後手が戦い切れないので、力戦形に活路を見いだすのがトレンドなのだ。

データ分析が証明する「藤井八冠の必然」

2023年の藤井八冠の将棋を振り返ると、将棋AIによる解析結果から見て「一致率」や「平均損失」といった指標でトップに立っていた。一致率とは、将棋AIが最善手と示す手と同じ手を棋士がどれだけ実戦で選んだかの割合だ。高ければ高いほど、より将棋 AI と同じ手を指せていると言えるため、直感的でわかりやすい強さの指標だ。

ただ、何を指しても大差ないような状況であっても、将棋AIの指し示す手と別の手を選ぶと一致率が下がることには注意が必要だ。形勢を損ねるような悪手を指していないにも関わらず将棋AIとは別の指し手を重ねていくと、将棋は強いのに一致率が低いという状況もあり得る。

一方で平均損失とは、将棋AIが最善手を指した場合に得られる評価値(その局面における期待勝率)と比較して、実戦の指し手でどれだけ評価値を失ったかを平均した指標だ。一致率と比べて、正解が複数ある局面であればどれを選んでも似たような値になるため実力がより正確に反映されると考えられている。

いずれにせよ統計的に強さを推し量る手法を用いると、藤井聡太八冠がトップに来る。全タイトル制覇の結果は万が一にでもまぐれによるものではないことをデータが指し示している。

後手の藤井は「角換わり」を回避するか?

次は戦法の面で藤井将棋を見てみよう。

2023年は31勝2敗1分という驚異的な勝率を誇っていた先手番では、序盤は相手が変化しない限り「角換わり」という戦型を選んでいる。つまり藤井八冠は先手を持った角換わりに相当自信があると見ていいだろう。それには多かれ少なかれ、将棋 AI における角換わり先手有利という定説が影響しているのだと思う。

後手番は20勝8敗1分と高い勝率ではあるが先手番と比べると落ちている。後手番では相手に戦型の選択権が多いため、先手番と比べると多様な戦型を指しており、相手が角換わりを志した場合は堂々と受け入れて戦っている。藤井八冠が角換わりは先手有利と思いつつも甘受しているのか、それとも後手でもまだ難しい変化が多く眠っていると考えているのかは分かりかねるが、内容はやや苦戦気味に見える。

もし将棋AIのトレンドにキャッチアップするようなことがあるならば、2024年の後手番は角換わりを回避する戦型選択もあり得るだろう。そういった面でも 「居飛車党」(序盤で飛車の定位置で戦う)を相手にしたときの後手番の指し回しには注目が集まる。

タイトル防衛戦が中心の藤井八冠 人間はどれだけ将棋が強くなれるのか

2024年の藤井八冠の対局は菅井竜也八段が挑戦する王将戦からスタートしている。菅井八段は言わずと知れた「振り飛車党」(序盤で飛車を左翼へ展開)で、現在における最強の振り飛車党と言っても過言ではない。両者が戦った2023年の叡王戦では、結果こそ藤井叡王の防衛になったが、内容は終始互角以上の戦いをしており、振り飛車の可能性が見えたシリーズだった。

将棋AIの観点で言えば、振り飛車の評価は厳しい。将棋AIの大会では上位陣が振り飛車を採用することはまれだし、勝率も芳しくないのだ。

しかし、人間同士の戦いであれば、振り飛車のいいところもたくさんある。そのひとつが、棋士のトップ層はほとんどが居飛車党であり、居飛車対振り飛車のいわゆる対抗形と呼ばれる将棋の出現頻度が低いことだ。それゆえに藤井聡太八冠の2023年の対局は対居飛車が8 割以上を占めた。

一方の菅井八段が戦う対局は自身が振り飛車しか指していないため9割以上が対抗形であり、対抗形の将棋の経験値は対局数ベースで2023年だけで5倍以上もあるのだ。将棋 AI が振り飛車は不利と考えていても、その差は人間にとってはわずかなものであるし、それ以上に経験値が上回れば互角以上に戦えるはずなのだ。

2024年の藤井八冠はタイトルの防衛戦がほとんどになり、これまで以上に戦う相手はトップ棋士に限定される。その中で藤井八冠はどれだけ勝ち続けるのか。人間はどれだけ将棋が強くなれるのか。2024 年の藤井将棋も目が離せない。

(将棋棋士 谷合廣紀)

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

AI データ活用 将棋

新着記事

もっと見る
loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。