ひらめきブックレビュー

「動物と話したい」のは何のため クジラを通して考える 『クジラと話す方法』(トム・マスティル 著、柏書房)

AI コミュニケーション 海洋保全

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

愛犬や愛猫と話してみたい、と思ったことがある人は多いだろう。ビッグデータやAI(人工知能)の技術が長足の進歩を遂げた今、人間と動物が「話す」日は近いのかもしれない。

本書『クジラと話す方法』(杉田真訳)は、人間と動物、とくに鯨類が「話す」可能性について、最新の研究や取り組みを紹介。人間とクジラとのかかわりの歴史、動物のコミュニケーションをめぐる最新の知見など視野を広くとった上で、高度な技術の恩恵だけでなくリスクや倫理的課題にまで踏み込んだ知的冒険の書である。

著者のトム・マスティル氏は元生物学者で映画製作者兼作家。人間と自然が出会う物語を専門とし、数々の国際的賞の受賞歴をもつ。

クジラは何を話しているのか

著者がクジラとのコミュニケーションに興味を持ったきっかけがある。2015年、カリフォルニア沖のモントレー湾でカヤックをこいでいた時、突然海面に飛び出たザトウクジラが彼のカヤックの上に落ちてきたのだ。九死に一生を得、これを機にクジラにのめり込んだ。

ある時、動物とのコミュニケーションにAIを活用しようと考える2人の技術者と知り合う。彼らが目ざすのは、いわば「動物用のグーグル翻訳」。「教師なし機械翻訳」の技術を使い、「クジラ語」の研究を進めている。またCETI(鯨類翻訳イニシアチブ)では、海洋ロボット工学、データ処理などさまざまな分野の専門家とともに、膨大な量のマッコウクジラの鳴音と行動等の記録を結び付け、最終的にはマッコウクジラと「話す」ことを目指して研究を進めているという。

技術の進化に息をのむと同時に、想像をかき立てられる。一部の鯨類は豊富な「歌」のレパートリーを持って互いにコミュニケーションし、複雑で社会的な行動をとるという。広大な海を行くクジラたちは、何を話しているのだろう。彼らと話ができれば、穏やかで豊かな人生のヒントを教えてもらえそうだ。

動物より「優れている」という偏見

著者は、クジラと「話す」可能性を求めて様々な動物のコミュニケーションに関する研究や知見をたどっていく。少なくとも58種類の固有のジェスチャーを使うウガンダのチンパンジー、人間には同じに聞こえても実際には異なる音で複雑な情報を伝え合っているプレーリードッグの話などだ。

読み進むうちに、人間の「言葉」の概念に縛られない動物たちの世界は想像をこえて広いことに気づかされる。そして、言葉を話す人間のほうが言葉を持たない動物より「優れている」という誤った認識と偏見が、私たち自身の世界を狭めていることに思い至る。

著者の「クジラと話したい」という思いも変化していく。話しかけられたクジラはどう感じるか、クジラにリスクはないか、彼らの幸福につながるのか――。最先端技術が人間本位に使用されていないか、私たちは目を凝らさなければならない。

「クジラと話す方法」を本気で考えることで、言葉をこえた深く広い世界にあなたもこぎ出してみてほしい。

今回の評者 = 前田 真織
2020年から情報工場エディター。2008年以降、編集プロダクションにて書籍・雑誌・ウェブ媒体の文字コンテンツの企画・取材・執筆・編集に携わる。島根県浜田市出身。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

AI コミュニケーション 海洋保全

関連キーワード

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。