ひらめきブックレビュー

NISAとイデコどちらから始める? 資産運用の入門書 『新NISAとiDeCoでお金を増やす方法』

金融 FP

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

食品や日用品などの値上げが続き、家計負担が増すのを感じる。インフレが続けば老後に必要な資金も増す。その心配もあって少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)に興味がわく。特にNISAは2024年から大幅に枠が広がるため、世間の注目度も高まっているようだ。

本書『新NISAとiDeCoでお金を増やす方法』は現行のNISA、新NISA、イデコの詳細に加えて、資産運用の考え方や実践法を示す。資産運用の経験者にとっても、NISAとイデコの併用、新旧NISAの併用で非課税枠を最大化する方法など役に立つ情報が多い。著者の山崎俊輔氏はフィナンシャル・ウィズダム代表で、ファイナンシャルプランナー(FP)、消費生活アドバイザー。

NISAよりイデコ優先

NISAは金融商品と間違われがちだが、著者は「銀行口座」「証券口座」と並ぶ「口座」であると説明する。少額の投資をした場合に運用収益が非課税となる。購入できるのは株式投資信託もしくは個別企業の現物株式だ。

従来、NISAの制度は継続するとは決まっていなかったが、2024年以降の制度の恒久化が実現した。最長で20年間だった非課税保有期間の廃止に加え、非課税枠が広がってより多く投資できるようになる。利用を検討し始めるには良いタイミングだろう。

ただ、イデコもまだという人は立ち止まって考えたい。NISAが金融庁の所管であるのに対し、厚生労働省の所管で「公的年金に上乗せして、老後を豊かなものとするための制度」という位置づけなのがイデコだ。NISAが盛り上がる中、著者は安定した将来設計を考えるならイデコを優先することを勧めている。イデコは中途解約が難しいという条件はつくが、積み立て時点の掛け金が非課税のため、同額をNISAに拠出した場合に比べて受取額が多くなる可能性が高いからだ。

株価ではなく「自分自身」で判断

著者はお金の流れを、「稼ぐ」「使う」「ためる」「借りる・返す」「備える」の5つに整理し、お金をうまくためられない人はいずれかに問題があるとする。例えば、新社会人で積み立てるお金を確保できない場合には、「使う」を節約し、月1万円でも運用に回すことが第一歩だ。

その一歩を踏み出せない人は、具体的な数字を見るとやる気が出そうだ。新NISAにおいて非課税で投資できる上限は1800万円。年40万円程度の積み立てなら30年続けても元本1200万円で上限に達しない。仮に年4%ほどの運用収益があると2300万円になる。著者は「長期×積み立て×分散」という投資方法を守れば誰でも及第点を確保できるとし、実際、これを守ってイデコで年7%ほどの利回りを維持していると明かす。

売る理由、買う理由は、株価の上下より自分自身に求めたほうが合理的という指摘に納得した。増やすことだけを目的とせず、「リタイアが近いから現金を持ちたい」「知識が増えてきたから投資額を増やしたい」など、自分の状況に合わせた判断で資産をコントロールすべきなのだ。お金の増やし方や使い方を通じて、自分の生き方を見直す機会にしたい。

今回の評者 = 前田 真織
2020年から情報工場エディター。08年以降、編集プロダクションにて書籍・雑誌・ウェブ媒体の文字コンテンツの企画・取材・執筆・編集に携わる。島根県浜田市出身。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

金融 FP

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。