ヘルステックサミット2022

アルフレッサ、ヘルステックの活用で医療現場を効率化 営業企画グループ長の堀田尚貴氏が語る

ヘルステック 講演 医療

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

2024年4月から「医師の働き方改革」の適用が予定されている。この背景には長時間労働が常態化し、かつ休日の確保が困難な医師が多いことが挙げられる。医師の勤務環境改善と質の高い医療の両立には医療現場の効率化が不可欠だ。医療用医薬品の卸売事業を手掛けるアルフレッサは、デジタル技術を活用した医療現場の効率化をサポートするサービスに多角的に取り組んでいる。同社営業企画部営業企画グループの堀田尚貴グループ長が「ヘルステックサミット2022」で行った講演の内容を紹介する。

ICTで医師と製薬会社のMRをつなぐ

当社は主に医療用医薬品の卸売事業を行う企業。新生児・胎児から最期を迎えるまで、人が健康医療に関わるあらゆる場面で、商品、サービスを、様々な企業と連携させて、既存の価値向上とともに商品、サービスの新たな価値を創出していきたいと考えている。

24年に医師・医療従事者の働き方改革が施行される。今よりさらに質の高い医療を提供するためには、医療現場の効率化は欠かせない。なかでも非常に重要なのが「タスクシフト」と「タスクシェア」だ。しかし、医師は人の生命を預かる専門性の高い職種でありながら、昼夜問わずの呼び出し、手術時間の延長、会議、勉強会など、勤務管理が非常に難しい職種でもあり、効率的に情報収集できていないのが現状である。

そこで当社が提案するのが、働き方改革に役立つ情報通信技術(ICT)で医師とアルフレッサ営業(MS)、製薬会社の医薬情報担当者(MR)をつなぐ「Mydodes」だ。ネット環境があれば、いつでもどこでも必要な医療情報を効率的に収集できる。チャット機能とウェブ面談機能を有しながら、1画面で完結できるほどシンプルな仕様である。資料添付と画像添付機能を併せ持っているので、医師は資料を添付しながら「これを調べてほしい」と依頼できるほか、画像を添付して薬品を依頼できる。診療報酬の改定情報、オンライン診療に関する最新情報、増患対策などの情報も盛り込んでおり、使い方は多岐にわたる。

地域医療連携の支援ツール開発

医療現場の効率化以外にも力を入れているのが地域医療への貢献だ。医師の悩みの一つに患者への他の医師の紹介がある。

例えば、患者の自宅から近いので専門外の病院に紹介したり、患者が通院しやすいため顔を知らない開業医に紹介したりする事例がある。当社は患者の視点で、より簡単に適切な専門医とつながってほしいという思いで、医師と医師をつなぐ地域医療の連携支援ツール「ドクシル」を開発した。

ドクシルは医師の公開論文を人工知能(AI)で分析し、専門医を推測できる。いわば医師と医師が専門性を理解しあえるコミュニケーションツールである。デジタルで完結するだけでなく、当社の地域医療営業職が支援し、デジタルとリアルを融合させて地域医療に貢献していきたい。

続いて、処方箋画像の事前送信による医療機関と薬局予約サービスの「やくばと」を紹介したい。患者自身がスマホで処方箋を撮影して送信すれば、薬局で待つことなく薬剤を受け取れるツールである。患者にとって時間の有効活用、接触時間の短縮に貢献できる。

薬局の視点では、顧客満足度向上によって、自らの薬局を「かかりつけ薬局」として選択してもらえることにつながると考える。やくばとには、どこの薬局でどのような薬をもらったのかを可視化できる仕組みがあり、医療機関にとっても非常に有効だ。今後も「病薬連携(病院と調剤薬局の連携)」や「薬薬連携(病院薬剤師と薬局薬剤師の連携)」などのシステム改修を施し、さらに利便性を高めたい。

このほか、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN(ノヴァム)」がある。個別化医療を支援するにあたり、その多くが高額かつ保冷管理の製品が多いことから、セ氏2~8度で管理する保冷品にRFID(無線自動識別)タグを貼り付け、医薬品情報をひもづけし、トレーサビリティの把握が可能な状態で出荷する。医療機関の保冷庫に、スマートケージを設置し入出庫を記録することで、自動で商品ごとの入出庫日・ロット・期限の把握を可能とし、商品管理の業務負担が軽減される。投与スケジュールを元に発注アラートを送信し、治療計画等を入力することで投与スケジュールに基づく発注をサポートすることで、医療機関の在庫量の適正化も可能だ。

頭痛管理プログラムは、頭痛の症状をリアルタイムで医師と共有できる疾患管理システム。AI診療支援システムは2000人の著名な医師の知見からより良い医療を導き出せると共に、医師をはじめ医療現場の業務負担軽減につながる。

当社は未病・予防から支援まで医療の各現場で、より良い医療を効率的に提供できる環境の構築を支援し、医療・健康分野において様々な商品・サービスを提供できるヘルスケアコンソーシアムを実現していきたい。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

ヘルステック 講演 医療

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。