日経メタバースプロジェクト

働き方を進化させるメタバース 様々な制約取り払う METAVERSE EXPO JAPAN 2022 日経トークセッション

メタバース AR・VR パネル討論

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

日本最大のIT(情報技術)見本市「CEATEC(シーテック)2022」内の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」にて開催されたトークセッション。メタバース上で活動するクリエーターや企業関係者が集まり、メタバース時代の新しい働き方をテーマに意見を交わしたディスカッションの内容を紹介する。

●登壇者
さわえ みか氏  HIKKY 取締役COO/CQO
せきぐち あいみ氏 VRアーティスト
岩花 修平氏  PwCコンサルティング ディレクター
宮川 尚氏   大日本印刷 ABセンター XRコミュニケーション事業開発ユニット ビジネス推進部 部長
天野 清之氏  面白法人カヤック メタバース専門部隊 事業部長/カヤックアキバスタジオCXO
山田 剛  日本経済新聞社 日経イノベーション・ラボ上席研究員

 

広がる創作活動の幅とビジネスチャンス

せきぐち 私はバーチャル空間に3Dの絵を描くVRアーティストだ。メタバースは私をあらゆるものから解放してくれた。360度広がるワールドを思いのままにクリエーションする感覚は全く新しいもので、ほかでは味わえない。NFT(非代替性トークン)によってデジタルコンテンツをアート作品として販売できるようになり、創作活動に専念できるようになったこともメリットだ。ネット環境やデバイスさえあれば作品を創れるので、来年から、様々な国を行き来しながら創作活動を行う予定だ。年を重ねて身体の自由がきかなくなっても、メタバース上で様々な人とつながっていたい。

さわえ 好きなアバター(分身)を使って仕事をできることの価値も大きい。自分の理想や個性を投影した姿で働けることが、モチベーションの向上にも寄与し、存分にクリエイティビティーを発揮できていると実感する。アバターを通したコミュニケーションでは、現実世界での年齢や立場を超えて、フランクかつ正直な意見を交換できることも大きな利点だ。当社の役員の一人は、うつ病のために会社を辞めた経験があるが、現在はバーチャル空間で好きなアバターを使いながら仕事をしている。現実空間になじめなくても、バーチャル空間なら活躍できる人は他にもいるのではないか。メタバースは働き方の選択肢を拡大している。

 

年齢や性別、障がいからも解放

岩花 当社は2022年、メタバースの世界が広がる中で、仕事や働き方がどう変わるかを検証する実証実験を行った。全社員約3850人を対象に、ビジネスとエンターテインメントを融合した様々なプログラムを展開した。その結果、メタバースの活用は戦略の浸透や、エンゲージメント(会社への貢献意欲)向上などに有効だと分かった。場所や時間だけでなく、年齢や性別、障がいといった身体的制約の縛りからも開放された、新しい働き方の実現に寄与するだろう。もしかしたら、自分のスキルを超えたAI(人工知能)アバターが、自分の代わりに仕事をする未来が訪れるかもしれない。

宮川 メタバース上では、利用シーンやコミュニティに応じて複数のアバターを使い分けるといったことが普通に行われている。そこで当社は、XRアイデンティティーシステム「PARALLEL ME」(パラレルミー)の開発を進めている。ごく簡単に言うならば、PARALLEL MEは、現実世界で必要な時に財布から免許証を出すような感覚で、メタバース上でも自分のスキルや経歴、資格証明などのデータを必要に応じて安全に公開できるシステムだ。メタバース空間上での出会いを、現実世界での仕事の拡張につなげることなどに役立つと想定している。MBA(経営学修士)資格が企業の目に留まり、現実世界で新規事業開発のコンサルティングを請け負うといったことも起こりうるだろう。

天野 メタバースにより、バーチャル空間でも現実世界と遜色ないコミュニケーションがとれるようになれば、働く場の制約はさらに小さくなるだろう。通勤する人が少なくなれば、自動車や電車などの利用量が減って省エネにもなる。脱炭素の文脈からも歓迎されるのではないか。社会は目まぐるしい速度で変化しており、現在の「当たり前」が数年後には当たり前でなくなることも起こりうる。今後私たちは、長時間にわたってバーチャル空間で過ごすことになるかもしれない。急速に進化するテクノロジーに人間が後れをとらないよう、進化にキャッチアップし続けることも大切だ。

山田 メタバースの活用により、時間や空間の縛りだけでなく、年齢や性別、障がいといった身体的制約などからも解放された、全く新しい働き方が実現されそうだ。現実世界とは異なる理想の自分をアバターとして表現できることが、仕事のコミュニケーションにも良い影響を与えるといった、メタバースならではの良さもどんどん共有されていくだろう。企業でも、メタバースが働き方や従業員エンゲージメントにどういった影響をもたらすかといった実証や、メタバース空間でのビジネスをサポートするサービス構築が進んでいる。今後、メタバース時代の新しい働き方がどのように構築されるか、期待感をもって見守っていきたい。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

メタバース AR・VR パネル討論

新着記事

もっと見る
loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。