日経メタバースプロジェクト

博報堂DY・MESON、現実空間とメタバースを融合 METAVERSE EXPO JAPAN 2022 日経トークセッション

メタバース AR・VR 講演

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

日本最大のIT(情報技術)見本市「CEATEC(シーテック)2022」内の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」にて行われたトークセッション。博報堂DYホールディングスとAR(拡張現実)などの空間コンピューティング技術に強みを持つMESON(東京・渋谷)が共同で行うプロジェクト「GIBSON」についての講演を紹介する。

●登壇者
目黒 慎吾氏 博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター 研究開発1グループ 上席研究員/テクノロジスト
竹内 誠一郎氏 MESON, Inc. XR Creative Studio ディレクター

 

次世代インターネットがコミュニケーションを変える

目黒 メタバースの将来像を見通す際には、スぺーシャル・ウェブ(The Spatial Web)とWeb3も含めた次世代インターネットの3つの要素や、それらのつながりによる発展の可能性を把握することが大切だ。バーチャル空間に3D(3次元)の仮想世界を構築するメタバースはインターネットの3D化と捉えることができる。

スペーシャル・ウェブとは、ARやVRなどの技術を用いた実空間のインターネット化を意味する。Web3はデータの分散管理やインターネットの分散化を実現する。プラットフォームからの個人情報の漏洩といった、既存のインターネットに関する様々な問題を解決すると期待されている。(メタバース、スペーシャル・ウェブ、Web3という)3つの次世代インターネットが交差・合流することで、新しいコミュニケーションやメディア空間が生まれるだろう。

当社とMESONは、2020年から共同プロジェクト「GIBSON」を行っている。目的は、人やモノ、環境をリアルタイムに相互共有できるようにすることで、ARユーザーとVRユーザーとがあたかも同じ体験を共有するような、物理的距離を超えたコミュニケーション体験の創造だ。GIBSONは国土交通省が主導する3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクト「Project PLATEAU」にも参加している。

20年度には、Project PLATEAUの3D都市モデルを活用した実証実験を行った。バーチャル空間に構築した渋谷区神南エリアに遠隔地からアクセスするVRユーザーと、実際に神南エリアにいるARユーザーが、2人1組で現地を周遊する実験だ。

ARユーザーのカメラで撮った写真をリアルタイムでVR空間と共有したり、高精度の自己位置認識システムを使ったりして、ARのユーザーとVRのアバターが並んで歩けるほか、ARとVRのどちらからでも同じまち歩きを体験できるようにした。実験後のアンケートで、ARとVR共通のコンテンツ提供は、まちへの興味喚起、回遊促進などに前向きな影響をもたらすことが分かった。実空間とサイバー空間を横断する「共体験」の提供は観光やショッピング、ライブなどのエンターテインメント分野でも活用できる。

 

実空間とメタバースでの「共体験」を実現

竹内 GIBSONにおける(国交省の)Project PLATEAUへの参画は22年度も継続している。20年度は、ARとVRを横断して環境コンテキストをそろえることに注力した。これを受けて22年度は、デジタルコンテンツをより簡単に共有できる仕組みを構築している。具体的には、実世界で看板や掲示板などを設置する感覚で、ARとVRの空間に簡単にデジタルコンテンツを置ける仕組みを作っている。

ウエブブラウザから簡単にデジタルコンテンツをアップロードし、配置できるCMS(コンテンツ・マネジメン・トシステム)を活用して、ARとVRに同時にコンテンツを展開できるようにした。ウエブ上の3D空間に直感的にコンテンツを置くだけで、現実空間の緯度経度や高さといった情報とひもづけて、違和感なくデジタルコンテンツを設置できる。

共有可能なデジタルコンテンツの中には、空間や場所に残したコメントや写真、それらに対する「いいね」などのリアクションといった、コミュニケーションに関するものも含まれる。これにより、同時にAR空間やVR空間の「その場所」にいる人同士はもちろん、別の時間帯に同じ場所を訪れる人との間にもコミュニケーションが生まれる。場所をメディアとした人間同士のつながりは、時間と空間の制約を受けない、新しいコミュニケーションを創出するのではないかと期待している。

GIBSONの究極的な目標は、現実空間とメタバース空間で全く同じ体験を共有できるようにすることだ。我々はAR空間(実空間)とVR空間の同じ場所から、同じモノを見る、聞く、触れることのできる世界をつくることを目指している。

このビジョンが実現し、実空間とサイバー空間での体験の共有が当たり前になれば、「体験」の意味そのものが大きく転換するだろう。将来的には現実空間とサイバー空間の両方を横断することを前提とした新たな体験が構築されるはずだ。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

メタバース AR・VR 講演

関連情報

新着記事

もっと見る
loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。