電力自由化とスマート社会の実現

【挨拶】日下部 聡 氏 新しい電力の世界が到来

イノベーション 地方創生

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

資源エネルギー庁は今年7月、2030年における望ましい電源構成(エネルギーミックス)を示した。現状では、石油・石炭・天然ガス・原子力・再生可能エネルギーなど主要なエネルギー源のどれも捨てることはできない。

電力の小売り全面自由化を含むシステム改革が消費者の利益を増進し、事業者の競争力強化につながることを期待している。そして、変革の担い手である事業者の皆様の意欲的な取り組みによって、新しい電力の世界を根付かせてほしい。

経済産業省

資源エネルギー庁長官

日下部 聡 氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

イノベーション 地方創生

関連情報

新着記事

もっと見る
loading

関連キーワード

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。