社長、その商品名、危なすぎます!

「ライジングサン」という名のビール、完全にアウトです! 弁理士 富沢正 氏

営業

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

税関で有名ブランド・バッグなどの偽物が押収された、というニュースを見ることがあります。

もちろん、この本を手に取られる方が、完全コピー商品の生産・販売を考えるようなことはないと思います。ほとんどの人は、有名ブランドの完全コピーをすれば、何らかの法律に違反すると予想できるからです。その引っかかる法律の1つが「商標法」です。

では、「コラ・コーラ」と名づけた清涼飲料を販売する方はいらっしゃるでしょうか。

この場合も、おそらく誰もが知っている「コカ・コーラ」の商標に似すぎていると考えて、そんな間違いを犯すことはしないでしょう。ただ実際には、戦後間もないころ、この「コラ・コーラ」という名をつけて商売をした人がいて、コカ・コーラ社から訴えられ裁判になった事案があります。

それでは、ビールに「ライジングサン」と名づけて販売することを考えついたとしたらどうでしょう。実は、これも問題になりそうです。カンがいい方は気がつくかもしれませんが、何が問題なのか分からない方もいるかもしれません。

では、ライジングサンを日本語に訳してみてください。「朝日」になります。あの「アサヒビール」の「アサヒ」と似ていませんか。これは意味が同じであるため、商標法的にはアウトとなります。

また、商標のパロディが問題になることもあります。

最近、アメリカで、ロサンゼルスに「ダム・スターバックス・コーヒー(Dumb Starbucks Coffee)」という店が出店された事例がありました。この「ダム」は「バカ」を意味します。あるケーブルテレビ番組がパロディとして企画したようです。

しかし、これを本家本元のスターバックス・コーヒーが許すはずもなく、あえなく店は閉鎖させられたそうです。

ケーブルテレビ会社が「パロディだから許される」と考えたかどうかは分かりませんが、法律的には、パロディかどうかはまったく問題ではありません。元の商標と似ているかが大きく関係します。「ダム」という言葉をつけたところで、「スターバックス・コーヒー」の商標がそのまま残っていては許されないのです。

このケースの場合、お店の雰囲気などを同じようにしたことも、消費者を混同させる、誤認させるとして許されなかった理由になったのだと考えられます。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

営業

新着記事

もっと見る
loading

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。