新入社員「伸びる・伸ばす」講座

新入社員も「キャリア」について考えよう クレイア・コンサルティング ディレクター 桐ヶ谷 優

人材

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

4月の入社からはや2ヵ月が経過した。新入社員の方々も、それぞれの職場や仕事に少しずつ慣れ始めてきた頃ではないだろうか。

第1回(新人は成果より「能力と姿勢」身に付けよ)、第2回(将来に差がつく正しい「自己研鑽」とは?)では、基本動作を学ぶこの時期に、仕事で安定的に成果を出すためのベースとなる「コンピテンシー」や「基盤姿勢」を身に付ける必要があること、さらに、OJT以外の時間を有効に活用して継続的に「自己研鑽」を行う必要があることを述べた。

新入社員の皆さんには、まずは目の前の与えられた仕事を確実に実行することが求められている。たとえ時間がかかっても、アウトプットの質が不十分であっても、今は試行錯誤を重ねることが許される。様々な経験を蓄積しながら、「仕事の型」を築いていくのだ。

一方で、目の前の仕事に日々取り組みつつ、「今後自分がどのように成長していきたいか?」「この1年間でどういう姿を目指したいか?」ということを徐々に意識しながら仕事に取り組むことも重要だ。そこで、第3回は新入社員の皆さんにとってもいずれ重要となる「キャリア」という考えについて触れてみたい。

1年後の自分の姿を意識する

まずは「半年後、1年後に自分がどういう状態になっていたいか?」ということをイメージしてみる。身近な先輩社員が当面の目指す姿となるかもしれない。先輩社員がいなければ、上司の期待から自分自身で目指す姿をイメージしてみる。さらに、「そのためには何が必要か?」「今のところ何ができるようになったか?」を振り返る。このように、仕事に徐々に慣れてきたら「少し先のこと」もイメージしてみる。そして、自分がイメージした「少し先の自分」と「現在の自分」を重ね合わせる。

このような行為は「自らのキャリアを考える」プロセスであり、いずれ新入社員の皆さんもそのような時期を迎えるだろう。

そもそも"キャリア"とは一体何だろうか? 実はこの「キャリア」という言葉にあてはまる日本語はなかなか見当たらない。「キャリアプラン」や「キャリアアップ」といった表現はよく耳にするが、日本語に訳すのは難しい(前者は「どのような職業や仕事を選択するかについての計画」、後者は「仕事を通じてより高い立場に就くこと」といった意味合いと言える)。

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

人材

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。